ニュース

弊社がAOI-PARCホームページで紹介

掲載:2021年1月28日

 

弊社は、静岡県アグリオープンイノベーション拠点 (APO-PARC) の取材を受け、そのホームページに紹介された (以下のURL)。

https://aoi-forum.jp/members/7456/

AOI-PARCは、研究機関や企業等が互いの技術力やアイデア力を持ち寄り、協創して農業の生産性革新に取り組むための拠点として、2017年8月1日に静岡県沼津市に開設された。土岐眞一郎AOI-PARCコーディネーターは、弊社の独自の技術に注目し、農作物の収量増、植物による医薬品生産、さらに日本の紹介など幅広い事業展開を目指していると述べている。

小林裕和が 「静岡県立大学 名誉教授」 称号記授与

掲載:2020年12月26日

 

小林裕和は、1991年4月の 「静岡県立大学 大学院生活健康科学研究科」 の開設以降、2020年3月の定年退職まで、助教授、教授を務め、また役職として、専攻長、研究科長、研究院長、学府長、副学長を歴任した。これらの貢献に対し、静岡県立大学より名誉教授の称号記を授与した。称号記の発行は2020年4月1日。授与式は12月21日に挙行された。

IMG_2321.JPG

名誉教授称号記授与式 (2020年12月21日)

小林裕和は前列左から3人目

IMG_2317.JPG

名誉教授称号記授与式 --- コロナ禍バージョン (2020年12月21日)

小林裕和は前列左から3人目

「大学発ベンチャー事業加速支援コンソーシアム」 研究開発助成に採択

掲載:2020年12月26日

 

(株)グリーン・インサイトは、テーマ名 「光合成能・糖分・機能性薬効成分強化葉野菜の事業化」 に対して、静岡県の財源による 「大学発ベンチャー事業加速支援コンソーシアム 事業代表企業・団体 (一社)日本先端科学技術教育人材研究開発機構」 の 「大学発ベンチャー事業化推進支援金」 に採択された。今年度の助成金は12月7日付けで交付され、事業を開始した。助成は来年度までの予定。静岡県立大学および常葉大学、また民間企業と連携しながら、研究開発を進める。

小林裕和の最終講義が2020年2月17日に開催
掲載 (改訂):2020年2月24日


 小林裕和は、1991年4月、静岡県立大学・大学院生活健康科学研究科 (現:大学院食品栄養環境科学研究院/大学院薬食生命科学総合学府) の開設に際し、助教授として赴任 (前職:名古屋大学 アイソトープ総合センター・助手)。以後、教授、専攻長、研究科長、研究院長、学府長、副学長を歴任し、静岡県立大学に計29年間務めた。2020年3月を以て定年退職予定。以下の通り、静岡県立大学・食品栄養科学部主催による最終講義が開催された。

日時:2020年2月17日 (月曜日) 16:00〜

場所:静岡県立大学・草薙キャンパス・看護棟13411講義室

演題:植物すごいぜ! 若者よ世界に羽ばたけ!

​チラシ:こちらをクリック

配付資料:こちらをクリック

来歴略:こちらをクリック

​風景:こちらをクリック

録画:こちらをクリック (4.6 GB:環境によるがダウンロードに10分程度要する)

「静岡県立大学発ベンチャー」 認定が静岡県立大学ホームページにて紹介

掲載:2020年10月31日

 

(株)グリーン・インサイトは、2020年8月17日の登記を受け、8月28日に 「静岡県立大学発ベンチャー」 に認定された。認定は静岡県立大学ホームページにて紹介。「大学発ベンチャー」 とは、大学に潜在する研究成果を掘り起こし、新規性の高い製品により、新市場の創出を目指す 「イノベーションの担い手」 として高く期待されるもの (経済産業省ホームページ)。

鳥取大学 70 周年記念行事において小林裕和が基調講演

掲載 (改訂):2020年1月4日

 

小林裕和 (代表取締役) は、1977年3月に鳥取大学農学部を卒業した。2019年10月12日に開催された鳥取大学70周年記念「ホームカミングデー2019」において、「若者よ世界に羽ばたけ! 鳥取大学で築いた植物への探究心」と題し、基調講演を行った。なお、このイベントは、鳥取大学の公式ホームページにて紹介された